土地売却は信頼できる不動産会社へ|とちらない土地売却

要因が揃ってきた

活況な市場となる要因が揃ってきました

不動産の価格が上昇する第一の要因として挙げられるものが、金融緩和による資金の大量供給です。ほとんどゼロに近い政策金利だけでなく、金融市場に大量に供給された資金が行き場を探して不動産市場に触手を伸ばしています。2つ目の要因はインフレーションの入り口に差し掛かってきていることです。長いことデフレーションが続いてきたため、不動産は買った後にどんどん下がっていくものという認識を持っている人も少なからずいますが、インフレーションの時期に突入すれば購入後じわじわと価格が上がっていくことになります。この状況が目の前まで来ているのです。

保有する不動産はしっかり選ぼう

3つ目の要因は、将来の収入に対する不安です。現在の年金制度では生活費を充分にまかなうことができません。そのため、不足分を自分で用意しておかなければならないのです。その手段として不動産投資が注目されているというわけです。株式と異なり、リスクを抑えながらリターンを取ることができる不動産投資は預貯金での運用に魅力を感じなくなった人も惹きつけています。これらの要因が重なってきたことで不動産市場は底堅い動きを見せることになります。資産の一部に不動産を加えることが必然な状況となってくると言えます。但し、不動産であれば何を買っても構わないというわけではありません。エリアは厳選しましょう。価格の二極化が進んでいます。